幼児教育人気ランキングの発表

幼児教育の人気ランキング

幼児~高校生向け通信教育を手掛ける大手企業が、幼児向け教育の人気ジャンルの順位を調査した結果が、公式サイトにて公開されています。
その調査報告によると、幼児向け教育の人気ジャンルは、まず大分類で言うと「スポーツ」が挙げられます。
基本的な体力が無ければ、勉強もできませんし遊びも楽しくない、だからまずはしっかり育つ身体をはぐくむために…という考えの親御さんが多いのかもしれません。
「スポーツ」のジャンルをより細かく見ていきましょう。
水泳教室・スイミングが、やはりこのジャンルでのトップに位置していました。
規模で言うと全体の2割ほどを占めています。
その次が体操教室で15%ほど。
体操も水泳と同じように、基本的な身体の動かし方を学べる場所なので、幼児期に始めるにはもってこいと言えます。

学習系・文化系の幼児教育人気順を知ろう

学習系では「英語教室」が最も人気という結果が出ています。
世代にもよりますが、幼児期に英語教育を受けてこず、中学校に上がってから苦労したという親御さんも多いのではないでしょうか。
「英語をしゃべれるようにはなりたい、でも、今更始めるのも面倒だし、学生時代の苦手意識が蘇る」「そういう苦手意識を子供に持ってほしくない」そのような切実な、しかし自分の子供には楽しく英語を学んで、これから訪れる国際化社会でより充実して生きていけるようになってほしい、と考える親御さんの気持ちも強いのでしょう。
芸術系では「ピアノなどの楽器の練習教室」や、「バレエ・ダンス教室」などが続いて人気となっていますね。
一芸を持つというのは、学業成績以上に身を助けるきっかけとなるのです。